屋根葺き替え

現在の屋根を撤去、解体して新しい屋根に葺き替えます。
屋根の葺き替えは、建物の構造上や屋根の老朽化の度合いによりカバー工法での施工が難しい場合や、耐震対策として軽い屋根材に変更する場合におすすめの施工方法です。

葺き替え工事の際、現在の屋根材を取り除くため、防水紙や野地板といった、普段メンテナンスをしない下地部分の傷みも補修でき、屋根全体の耐久性も高めることができます。

葺き替え時期の目安

立地環境やメンテナンスの有無、施工の良し悪しにより変わりますが、おおよそ20年近い耐久性を持っています。
屋根の老朽化は住まい全体の老朽化に繋がりますので、築年数に応じて葺き替え工事をご検討ください。

・瓦屋根:25~30年
・スレート屋根:20~25年
・板金屋根:15~20年
・銅板屋根:30年程度

地震に強い屋根にしませんか?

日本は地震の多い土地であり、近年各地で大規模な地震により家屋に多くの被害が出ています。
地震の揺れの大きさは、震度やマグニチュードだけではなく、屋根の重さや重心も影響しています。
そのため、耐震対策の一環として軽い屋根材への葺き替え工事の需要が急速に高まっています。

一般的な屋根瓦を軽量な金属屋根に葺き替えると、重さは約10分の1にまでなります。

現在、助成金を利用して耐震対策を含む屋根の葺き替え工事を行うことができます。
屋根の軽量化なら最大20万円、下地の補強なら最大10万円の補助が出ます。
当社では、補助金の申請手続きのご案内も行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

一覧ページに戻る

施工実績
お問い合わせ